<   2014年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

魚釣り

エチオピアには海が無いため、新鮮な魚を食べる機会はあまりありません。
しかし、JICA所長の話によると、ニジマスが釣れる川があるとのこと。そこで、所長たちと約8時間かけてDINSHOという地域に行ってきました。
a0223909_20251939.jpg
シャシャマネからロベという地域の方へ山を越えていった先です。
川で釣りをするためにはガイドを雇わなくてはいけないらしく、ガイドを雇い川へ。
モンゴルのような草原をしばらく歩くと、谷が現れ、谷の底に川が。観光地と言ってもいいくらいの広大な自然。
さっそく、釣りを。人口イクラ、パン、ルアー、それぞれ違ったエサを用いてチャレンジしましたが、釣れているのはガイドだけ。
2日目の後半に知ったのですが、ワームかミミズを使わないと釣れないらしい。早く言えよ!!
3日間滞在し、釣ったニジマスは計8匹。私は1匹。ここはニジマスしかいないみたいです。
a0223909_20255612.jpg
初めて魚を釣る経験をまさかエチオピアでするとは。人生なにがあるかわかりませんね。
釣った魚はローカルレストランで塩焼きと、ホテルでムニエルにして美味しくいただきました。
めっちゃ、脂のってました。
 
[PR]
by jocvethiopia | 2014-01-31 00:00 | 街・旅行情報

市場を散歩

今日は北のある町の市場を散歩してみたいと思います。
a0223909_20300290.jpg
この町ではスーパーマーケットのような大きな店はありませんが、市場に行けば生活に必要なものはたいてい揃います。市場が開かれるのは毎週水曜日と土曜日。町の人はここでいつも生活品をそろえ、ときには物を売って生計を立てています。市場に来てみたら友達が鶏を売っていたということもしばしばあります。
前置きはともかくとして、ちょっと市場をのぞいてみましょう!!
まず、市場の大半を占めているのが食料品。ジャガイモ、玉ねぎをはじめとしてトマト、キャベツ等々。ニンニクなどの香辛料も売られています。
a0223909_04025740.jpg
エチオピアといえばインジェラ。インジェラの材料のテフも粉にされたものがここでは手に入ります。
a0223909_04042603.jpg
鶏と卵のセット。ニワトリは足を縛られておとなしくしています。
a0223909_04032251.jpg
おっと、子山羊が、この子も売られているのでしょうか?
お次は生活用品。服、食器、家具なんかも。ここではリユース品もよく売られています。
a0223909_04022513.jpg
a0223909_04035448.jpg
写真はトマトの缶詰。これを何に使うかというとここの人はこれにお酒を入れて飲んだりします。ペットボトルなんかも捨てられたりせず、よく店先で売られています。
a0223909_04044454.jpg
この土の筒、実は蜂の巣なんです。こんな物まで売られています。
最後に市場には物だけではなく職人さんも集まります。
服の仕立てやさん、アイロンをかけてくれる人、包丁のとぎし。この三つの職業しか知りませんが、ホントはもっとあるのかも。
本当にいろいろは人や物が集まって町っていうのは成り立っているんですね。


[PR]
by jocvethiopia | 2014-01-21 00:00 | 生活・文化紹介

羊の行進

日本の正月明け七草、1月7日、ここではエチオピア正教のクリスマス、2番目に長い断食の開ける日です。日中の飲食制限の他に動物性たんぱく質の摂取が許されない戒律が44日振りに明け、待ちに待った豪華な御馳走が食卓に並ぶ喜びに満ちた待望の日です。
一家の長たるお父さん達が、家族の為に牛・羊・鶏等の食材を準備する為奮闘する日でもあるのです。そして、この日食卓を賑わせる主役の多くは羊達です。
 ここ首都アジスアベバでも大都市の雑踏の街中を、各家庭のすぐそば、お父さん方が連れ帰れる所まで、羊が群れを成して行進して行く光景が余り違和感なく展開されています。

 おや!おかあさんが羊を追っています。何処から来たのかちょっと時間を戻して見てみましょう。
a0223909_06522842.png
ここは、副都心を目指してビル建設ラッシュが続いているマガラニャ。往来する車の合間を縫って道路を横断。
a0223909_06560342.png
あれ!ミニバスの屋根から降ろされている。
a0223909_06562715.png
なるほど、飼い主夫婦はバスの中、羊達は屋根上に手足を縛られ横積みでの旅だったようです。
a0223909_06593398.png
街中、ちょっとした広場には、100頭近い群れが集められている事は珍しく無く、10頭位迄だと一人、2~30頭だと二人で隊列を組んで移動しています。
 おや!道路脇に羊牧場?
a0223909_06565577.png
いや、車道脇のちょっとした草地が彼等や羊飼いにとってのオアシスで、食事・一休み中でした。
a0223909_06583004.png
羊に限らず、牛やロバの行列もよく見かけます。不思議に見えるのは、首輪まではあっても、首縄や手綱は一切見当たらず、飼い主達はせいぜい短い棒や鞭を持っているだけ。
先日は、一人のおじさんが、手にニワトリ5羽を抱えつつ羊8頭、ロバ3頭、牛2頭と一緒に人が歩くのも難しい様な工事中の凸凹道を引き連れて悠然と歩いていました。この家畜との息のあった連携振りの見事さに暫し見とれてしまいました。

そうなんです。高架横断歩道でも人が歩くのと同様に行進して行きます。
a0223909_06590460.png
開発・拡大化が継続している街中で,この食材が人々と共在・融和しつつ行進している情景はここならではと思っていますが、都市化の雑踏の中でも失われず今後も残って行けるだろうかと、少し心配しています。
鳴き声や暴走等は殆ど無く、エチオピア正教の戒律が浸透しているかの様に従順な家畜達、是非一度お出かけ頂き、ご自分の目で確かめられる事をお勧めします。


[PR]
by jocvethiopia | 2014-01-07 06:00 | 生活・文化紹介

2014年新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。
御存じの方もいるかもしれませんがここエチオピアでは、一般的にヨーロピアンカレンダーを使用せずに、エチオピア独自のカンダーを使用しています。そのため、エチオピアの新年は別にあり今日1月1日でもいつもと変わらぬ日常が送られます。

本年もエチオピア隊員ブログ「協力隊 in エチオピア」を宜しくお願いいたします。

[PR]
by jocvethiopia | 2014-01-01 06:29 | 時候の挨拶


エチオピアに展開する青年海外協力隊(JOCV)・シニア海外ボランティア(SV)のページです。活動の様子や,生活・文化の紹介などの記事を掲載しています。


by jocvethiopia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ボランティア機関誌(Web版)

マスカル2013

カテゴリ

全体
任地・配属先紹介
活動
活動場所
生活・文化紹介
帰国隊員より
お知らせ
リンク集
時候の挨拶
その他
街・旅行情報
理科教育

検索

訪問者数 since 22Oct2011

アクセスカウンター

おすすめリンク
Ethiopia Bet
気になるエチオピア情報満載!コアな情報だってたくさん!

タグ

(41)
(36)
(34)
(23)
(19)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)

最新の記事

「笑顔の種まき」~サッカー隊..
at 2018-01-29 21:05
アルバミンチのお魚料理
at 2018-01-25 17:19
アルバミンチ~どんな町?~
at 2018-01-18 21:59
Ethiopia からこんに..
at 2017-10-02 21:39
Arba Minch, Ga..
at 2017-08-29 22:58

記事ランキング

ファン

ブログジャンル

海外生活
ボランティア

画像一覧

その他のジャンル