<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

踊りでつなぐ文化交流

「国際文化交流」今、日本の教育現場でもこのような機会を作っているところも多いと思いますが、一体いつから始めればよいのでしょうか?小学校高学年?中学生になってから?

私は日本でも幼児教育の分野で勤務していたので、エチオピアに赴任する前は幼稚園や保育園ではまだこのような活動は早いのかな?と考えていました。

ですがエチオピアに来てその考え方はすぐに変わりました。

幼稚園の子どもたちから「先生は先生だけどでもチャイナなんでしょ?」とか
「先生はどこの国から来たの?どうやって来たの?バス?それとも歩いて?」とか
大人顔負けに「エチオピアには何年住んでいるの?エチオピアの生活はどお?」
なんて聞かれるんです。

とっても素直な子どもたち。
子どもの視点で彼らに少しだけでも日本の文化を味わってもらいたいなと思うようになり、だったら感覚的なことからやればいいんじゃないかと考えました。

自分に教えられることと、彼らが難しいことなく楽しめるもの
私の地元群馬県前橋市の祭りでいつも踊っている「だんべえ踊り」を教えてみることにしました。

幼稚園の休み時間(外遊び中)に音楽をかけて踊り始めました。
最初は聞きなれない音楽にポカーンとしていた子どもたち。
でも私が踊りだすと、なんだか面白そう!と思ってくれたのかすぐに真似を始めました。

何回かそうやって踊るうちに、園長の目に留まり
「ぜひ卒園式のプログラムで子どもたちに踊らせたい」という話になりました。

それからは体育の授業を使って練習の日々。
エチオピアのトラディショナルダンスは上半身を主に動かすので
子どもたちは手の振りは上手なのですが、足のステップがなかなかできません。
所変われば得意なこともだいぶ違うのだなと感じながらも、徐々に上達しました。

「だんべえ踊り」は鳴子を持つのですが、エチオピアにはそのようなものはないので
針金とソフトドリンクの王冠を使ってシャラシャラ鳴るものを作りました。

子どもたちは楽器を手にする機会がないので、とても喜んで積極的に練習しました。
そして本番・・・・・・。



子どものときにやったものはどうしても記憶は薄れてしまいますが
もし、大人になるときに「そういえば幼稚園で日本の踊りを踊ったな」なんて
思い出してくれたら、それが国際文化交流のひとつになるんじゃないのかな?

そんな期待をしながら彼らの将来の成長が楽しみな、いちボランティアなのでした。
[PR]
by jocvethiopia | 2013-10-25 00:00 | 活動

田舎町の協力隊員~中間報告~

こんにちは。私はエチオピアの田舎で理数科隊員をしているものです。以前は『エチオピアの飴職人』で記事を投稿させていただきました。
今年の10月、今月でエチオピアに来てから1年になろうとしています。
私の住む町を一言で表すと「とにかくアットホーム」な町です。
田舎だからでしょうか、町を歩くととにかく「飯食ってけ」、「お茶していけ」、「酒飲んでけ」とよく言われます。小さな子供でさえ自分の食べている謎の木の実をくれたりします。正直なれなれしく感じることもありますが、こんなあったかいこの街が私は大好きです。
a0223909_4483925.jpg

                お祭りの日、学校の先生にご飯をごちそうになりました

【これまでの活動】
さてこんな町で行っている私の活動ですが、主に分けて3つの活動があります。
・授業への実験導入
・生徒を対象にした実験等の紹介
・その他学校外での活動
主に実験に関する仕事を行っております。田舎ということもあり、モーターを回すだけでも興奮する生徒たち。そんな生徒の反応を見るのも活動の楽しみの一つです。
その他学校外の活動では他の隊員と協力してサイエンスショー、セミナー等を行うものです。こちらに関しては私のやったことは微々たるもので、主な私の活動は上記の上2項目となります。

【活動から見えてきた課題】
活動も残り1年ちょうど折り返し地点に入りましたが、これからの活動はいかにして自分の活動を学校の先生に残していくかを考えていかなければならないと思っております。具体的には、実験室の管理と個々の先生による授業と実験のマッチングをいかにして行うかを考えなければいけないと思います。

いずれにしても、一人では何も残らないです。残り一年、学校のメンバーの一人として頑張っていきたいです。
a0223909_4473091.jpg

a0223909_448974.jpg

[PR]
by jocvethiopia | 2013-10-18 00:00 | 活動

Eid Aladha (Arafa)

今日はエチオピアの祝日。Eid Aladha (Arafa)、イスラム教の犠牲祭です。
エチオピアを代表する二つの宗教、エチオピア正教とイスラム教、今回はイスラム教のお祭りです。
[PR]
by jocvethiopia | 2013-10-15 00:00 | 時候の挨拶

エチオピアのビール工場見学記 ~その2 ダッシェンビール編~

前回のベデレビール編に続いてダッシェンビール編です。
★その2 ~ゴンダールにあるビール工場(Dashen Brewery)~★

 ◎所在:ゴンダールは、首都アディスアベバから北へ約740kmに位置する、約150年前までエチオピアの首都であった町。ファシリデス王の城やデブレブラハン・セラシエ教会等、エチオピアを代表する観光都市の一つ。
ゴンダールへのアクセスについてはエチオピアベット
「観光地紹介」(http://www.geocities.jp/ethiopiabet/ethio/travel/index.html)ページ参照。

 ◎作っているビール:Dashen beerとRoyal Dashen beer(サーバーのみ。瓶はなし)の2種類
                   a0223909_3183080.jpg


















≪Dashen beer≫
エチオピア最高峰(4620m)であるMt. Ras Dashenが背景にデザインされています。


 ◎工場に入るに際して:Bedeleの時と同様、カメラ等の荷物を預け、『防護服』を着用し(保護メガネや耳栓はなし)、入場しました。

 ◎ビール製造工程:こちらも、原材料として『モルト(麦芽)』、『ホップ』、『水』、『イースト(酵母)』の4つを使っているとのこと。Bedeleの時との違いとして、モルトがヨーロッパ産であることやモルトを粉砕後、pH調整剤(リン酸)を添加すること、ホップ添加前の煮沸工程の前に、色素としてカラメルを加えること、『発酵』を18~20日かけて行うことが異なっていましたが(もしかしたら、pH調整剤や色素について説明がなかっただけで、Bedeleも添加しているかもしれませんが・・。)素人である私から見て、概ねBedeleと同じような内装、工程でした。
1日に最大約800,000本(約264,000L)製造することができるそうです。また、製造に伴い排出される汚水の処理についても見学させて頂きました。
微生物による処理とその為の曝気(Aeration)、そして沈殿(Settling、Sludgeremoval)、清澄化された水を川へ戻すことが行われていました。

 ◎Dashen Breweryについて:今回訪問した理由の一つに、他のエチオピアのビール会社の多くが
外資となっているのに対し、Dashenは純国産だと聞いていたので、そのDashenがどのように奮闘しているのか興味があり、見てみたいと思ったこがありました。
実際は、工場にある機械はドイツからのものとのことですが、素人の私が見る限り、ハイネケンのものであるBedeleの工場と大きな違いはわかりませんでした。(Bedeleの旧工場のような感じでした。)
しいて言えば、若干緩いような雰囲気(工場内でもメガネの着用があまり徹底されていなかった等)は感じたものの、エチオピア人のみで遜色なく運営しているような印象でした。
会社の名前『Dashen』は、エチオピア最高峰(4620m) Mt. Ras Dashenからきていることから、もしかしたら、Dashen beerはエチオピア人の誇りなのかもしれません。
ちなみに、Dashen beerは、イスラエルとオーストラリアに輸出されているそうです。Dashen beerの一ファンとして、将来、日本にも輸出して欲しいことを担当者に伝えました。

 ◎試飲:今回もラボラトリー内で、Dashen beerとろ過前の三角フラスコに入ったRoyal Dashenbeerを試飲させて頂きました。個人的な意見で恐縮ですが、やはり、Dashen beer、特にRoyal Dashen beerがエチオピアのビールの中で一番うまいと再確認しました。
Royal Dashen beerは、ゴンダール市内のDashen beer garden(工場隣)やDashen house(市の中心辺り)、バハルダール市内のDashen beer gardenで飲むことができます。
(瓶による販売はなし)

2回に渡りお送りしてきましたビール工場見学記。
今回、私も好きなエチオピアビールを通し、エチオピア産業の一部を垣間見ることができ、私自身もとても勉強になりました。(作り方だけでなく・・)
外資が入ることで、効率化は進むものの、雇用が失われる可能性があることや、単に商品を作るところだけの介入でなく、そこで発生する廃棄物(例えば、ビールの瓶は洗浄し再使用しているものの、キャップは、エチオピアでまだ再利用の技術はなく、レストラン等でも庭に大量に捨てられている現状)への対応も外資が行っていれば、素晴らしいな等、考えました。(別問題ともいえるので、実際難しいのかなとも思いますが。)

エチオピアはコーヒー発祥の地と言われ、コーヒーが有名な国ですが、意外にビールも美味しい国です。
隊員の中でも、「ギョルギス(ビール)がいい!」、「やはりダッシェンでしょ。」、「カステルかな~。」、「ハラールがうまい!」等、意見が分かれるほど、それぞれ特徴があり、魅力があると思います。
もしかしたら、米やコーンスターチ等を入れることが多い日本のビールよりも麦芽率が高く、”美味しい”と感じることもあるかもしれません。
エチオピアに来られた際、そんな各ビール会社の努力や歴史を思いながら、各ビールの味を楽しむのも良いかもしれません。(普通に『美味しい!』と飲むだけで十分かもしれませんが・・。)
[PR]
by jocvethiopia | 2013-10-08 00:00 | 生活・文化紹介

エチオピアのビール工場見学記 ~その1 ベデレビール編~

エチオピアのビール工場見学記 ~その1 ベデレビール編~

こんにちは。以前、エチオピアの地ビール、『テラ』について作り方等、紹介されましたが、今回は、エチオピアで普段飲まれている『市販のビール』がどのように作られているかについて、紹介したいと思います。

まず最初に、私の周りで見かけるビールは、主に下記があります。
(商品名を細かく挙げればもっとあります。写真左から、ギョルギス~アンバ~・・~カステルの順)
a0223909_2475850.jpga0223909_2474411.jpga0223909_2442510.jpga0223909_2481297.jpga0223909_2483920.jpg
a0223909_19575246.jpga0223909_2485411.jpg











◎ギョルギス
◎アンバ
◎ダッシェン
◎ベデレ
◎ハラール
◎メタ
◎カステル



そんなエチオピアのビール工場について、エチオピア人から聞いた話によると・・

★エチオピアのビール工場の歴史★
エチオピアの昔の政権はエチオピア全土にビールを流通させようとして国営のビール工場を作りました。
中央はギョルギスとメタ、東はハラール、西はベデレです。
そして北はダッシェン・・・と思いきやそうではなく、アスマラに作ったそうですがその後別の国(エリトリア)になってしまいました。
ダッシェンは政権が変わった後に、エチオピアの民間のビール工場として始まったそうです。
近年、ダッシェンを除くこれらの国営のビール工場は全て外資のビール会社に売却されました。
現在ではダッシェンのみが未だにエチオピア独自のビール会社として運営されています。

・・つまり、現在は下記状況になっています。

◎ギョルギス⇒フランスのBGI
◎アンバ⇒フランスのBGI
◎ダッシェン⇒エチオピアの民間会社
◎ベデレ⇒オランダのハイネケン
◎ハラール⇒オランダのハイネケン
◎メタ⇒イギリスのDeagio
◎カステル⇒元々外資でビールは子会社のBGIで製造

“外資が入りにくい”とよく耳にするエチオピアで、ビール業界では、なんと、ほとんど外資が入っているという状況です。

今回、ベデレ(ハイネケン)とダッシェン(外資が入っていないエチオピアの民間会社)の2つのビール工場を見学しました。
他のビール工場も、尋ねれば見学できるかもしれません。
その見学記を2回に渡りお送りします。

★ベデレにあるビール工場(Bedele Brewery S.C.)★a0223909_249149.jpg


 ◎所在:ベデレというエチオピア西部にある町。大きな町ではありませんが、町のいたるところに、写真のようなBEDELE のビールの看板が見られました。
工場は、ベデレのバスステーションからバジャジ(三輪タクシー)で約6~7分ほど行ったところにあります。



(ベデレへのアクセスについてはエチオピアベット「観光地紹介」(http://www.geocities.jp/ethiopiabet/ethio/travel/index.html)ページ参照。

a0223909_2493112.jpg



 ◎作っているビール:Bedele beerとBedele Special beerの2種類





 ◎工場へ入るに際して:
工場内は撮影禁止(当然といえば当然ですが・・)とのことで、カメラを含む荷物を入口に置いてから入りました。また、皮膚が露出しないような『靴』や『防護服』、ビンへのボトリングを行うエリアでは『保護メガネ』の着用を求められました。作業をする人は『耳栓』も着用していました。

 ◎ビール製造工程:
ビールの原料は、『モルト(麦芽)』、『ホップ』、『水』、『イースト(酵母)』の4つ。製造現場は、『Brew store』、『Hops store』、『Bottling section』の3つのエリアに分かれています。
まず、Brew storeにて、モルト(エチオピアのアセラ産)は粉砕され(5トン/1時間)、お湯を加えると(約49℃)、麦芽のデンプンが糖に変わる糖化が進みます。
これらの工程は、厳密にコンピュータ管理されています。その後、ろ過し、ろ液(麦汁)は、煮沸した後にHop storeにて、ホップが加えられます。(ろ過で不要性のものは家畜のエサにするとのこと。)
そして、イーストを加え、14日(Bedele beer)または16日間(BedeleSpecial beer)発酵させます。発酵液はろ過され、Bottling sectionにて、ビール瓶に充填され、次いで、キャップやラベルが付けられラックに詰めて、出荷される状態になります。
Bottling sectionでは、使用済みのビール瓶を洗浄して再利用する工程から始まり、瓶がベルトコンベアーに乗って、各工程が進んでいきますが、その時々に人がいて、ビール瓶の破損や汚れ、充填されてビールの量等をチェックしていました。
また、Bottling section内には、ラボラトリーも併設されていて、品質を常にチェックしています。
ちなみに、1日約100,000Lのビールを生産しているとのことです。
工場は、24時間365日生産しているそうです。

 ◎ベデレの新工場:見学させて頂いた際、ちょうど、Bottling sectionの新工場が稼働したてで、
旧工場と新工場の両方を見学させて頂きました。
新工場は・・機械化が進み、おそらく欧米や日本の工場と比べても全く遜色ないほど、とてもきれいでした。こちらの新工場、従来と比べ、50%生産効率が向上したとのことです。
Bedele beerは、2011年にオランダのビールメーカー「ハイネケン」に買収され、ハイネケンの人と思われる外国人も新工場内に見られました。
また、工場や事務所等に、5S、5GEN、TPM、PDCA等について、見やすい場所に大きく書かれていて、会社として効率性等を意識していることが伺えました。


 ◎試飲:
ラボラトリー内で、ろ過前の2L三角フラスコに入ったビールを試飲させて頂きました。味はBedele beerとあまり変わらない感じでしたが、通常のビールと異なり濁っていて、
ろ過前の様々な細かい原料が入っていると考えると、何となく感慨深いものがありました。
写真はイメージです。
              a0223909_2495282.jpg
*フラスコに入ったビールのイメージです。
実際は、濁った黄金~薄茶色です。
フラスコからコップに注いでもらい、試飲しました。




 ◎Bedele beerとBedele Special beerの違い
首都や私の住んでいるエチオピア北部では、Bedele Special beerは時々見かけるもののBedele beerはほとんど見ませんが、生産量は、Bedele beerの方が多いそうです。
原材料の種類は同じものですが、『量と発酵時間』が異なる為に、味やアルコール度数が異なってくるとのことです。(Bedele beer:alc. 5% Bedele Special beer:alc. 5.5%)味は全く違います。どちらもやや癖がある味で、好みが分かれそうです。私はBedele beer派ですが、一緒にいた先輩隊員はBedele Special beer派でした。ちなみに、Bedele beerは1993年に誕生したエチオピアでは比較的新しいビールで、今年でちょうど20年目です。
a0223909_250786.jpg








≪Bedele beerのシンボル≫

 ◎外資参入による功罪?:
国営時代から使われていた旧製造ラインとハイネケンに売却後から作り始めていた新製造ラインの違いについて。
旧製造ラインと言ってもビール自体の製造、瓶の洗浄、瓶詰めなどの各工程はほぼ機械化されています。
所々の工程(瓶詰めしたビールの量が正しいかの確認など)で人間の力が必要となりそこに従業員が配置されています。
そういった従業員の雇用は産業の少ない田舎町にとって貴重な労働環境で、そもそも国営企業として始まったのも「雇用創出の狙い」があったそうです。
新製造ラインについて、規模は小さいですが機械・設備はすべて先進国と同レベルのものを備えているとのとで、旧製造ラインとは異なり、これまで以上にコンピュータ化が進んでいて人間の力を必要としなくなりました。
それにより生産効率、出荷量は飛躍的にアップすることが期待されています。
一方で工場の人いわく、新製造ラインが本格稼働すると約7割はリストラされるだろうとのことでした。
ただでさえ、途上国にとって産業が少なく雇用にありつける人が限られているのにこの削減率は地元の人にとって大きな痛手です。
まだ人口ボーナス期(働き盛りである15~64歳の生産年齢人口が高齢者や子供の人口の2倍以上いる状態。高度経済成長が可能な状態)を迎えていない「途上国の既存の産業」に外資が入るなり、流行りのカイゼンを適用することは、時期尚早で雇用機会を失うだけではないかと考えさせられる場面でした。
[PR]
by jocvethiopia | 2013-10-06 00:00 | 生活・文化紹介

マスカル祭 ~乾季をつげる花と真実の十字架のお祭り~

3ヶ月に及ぶ長い雨季が終わり春のようにぽかぽかとあたたかくなってくる
雨季と乾季のかわりめの9月27日にマスカル祭は行われます。
マスカル祭はエチオピア正教徒のお祭りです。
国民の大半がエチオピア正教であるエチオピアでは、国をあげての大きなお祭
りです。
マスカルには2つの意味があり、1つめはアムハラ語で十字架を表します。
キリストが磔にされたという真の十字架の発見を祝うというのがこの祭りの由来です。
2つめは、この時期に一斉に咲く黄色い花のことを表します。マスカルの花は、目前に迫った作物の収穫を伝える花でもあります。
マスカル祭では十字架の形をした大きな松明が作られますが、この松明には
マスカルの花も一緒に供えられます。

人々は前日の夕方から教会近くの広場に集まり、祭司様のあいさつを聞き、踊りや歌を歌ってお祝いします。日が暮れると巨大な松明を燃やし、燃え落ちた松明の木切れを拾うことで真実の十字架の発見となるそうです。キャンプファイヤーのように巨大な松明が燃え始めると人々は興奮し、絶叫しながら真実の十字架の発見を祝うのです。

マスカル祭である当日は、それぞれのお家でブンナセレモニーをしたり、お祝いの食事を食べたりして厳かにお祝いします。

a0223909_335161.jpg


ちなみに、私の個人的な今年のマスカルは、ハイライトシーンの炎に燃えた松明をみそこなってしまったので、来年は最後までエチオピア人に混ざって真実の十字架の発見を共に祝おうと思っています。
[PR]
by jocvethiopia | 2013-10-02 03:05 | 時候の挨拶


エチオピアに展開する青年海外協力隊(JOCV)・シニア海外ボランティア(SV)のページです。活動の様子や,生活・文化の紹介などの記事を掲載しています。


by jocvethiopia

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ボランティア機関誌(Web版)

マスカル2013

カテゴリ

全体
任地・配属先紹介
活動
活動場所
生活・文化紹介
帰国隊員より
お知らせ
リンク集
時候の挨拶
その他
街・旅行情報
理科教育

検索

訪問者数 since 22Oct2011

アクセスカウンター

おすすめリンク
Ethiopia Bet
気になるエチオピア情報満載!コアな情報だってたくさん!

タグ

(41)
(36)
(34)
(23)
(19)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)

最新の記事

Ethiopia からこんに..
at 2017-10-02 21:39
Arba Minch, Ga..
at 2017-08-29 22:58
『理数科教育隊員』の活動紹介..
at 2017-07-02 20:22
木工隊員の日々
at 2017-03-30 23:27
「ここらでアビアディ行っちゃ..
at 2017-03-04 22:49

記事ランキング

ファン

ブログジャンル

海外生活
ボランティア

画像一覧

その他のジャンル